結婚指輪の製造法について

結婚指輪の製造法はひとつだけではありません、大きく分けて鍛造法と鋳造法に分かれています。

結婚指輪をどの方法で作るかによってはつけ心地に違いが出る事もあります。

鍛造法は職人が手仕事で作る製法の事ですが、今は作業の一部を機械で行う場合もあります。

金属を鍛えて作るため職人が手がけるので大量生産が難しく、形成できる形もある程度限られてしまいますが、つけ心地が良くしっかりとした指輪になります。

結婚指輪をオーダーメイドする場合は、この鍛造法で作られる事が多いので、完成までに時間はかかりますがその分納得のいく物ができると思います。

鋳造法は予め用意された型に溶かした金属を流し込み、形にする方法です。

既製品の結婚指輪はほとんどがこの製法で作られます。

ゴム型やワックス型など型にも種類がありますが、鋳造法は一度に大量生産が可能です。

ワックス樹脂は形成しやすいので、鍛造法に比べて様々な形を作る事ができます。

昔は鍛造法で作られた結婚指輪も多く出回っていましたが、これは今と違い指輪を作る職人が多かったからです。

現在は職人も減っている事や、鍛造法で作ると時間がかかり大量生産できないため、需要と供給が追いつかなくなっています。

そこで大量生産が可能な鋳造法に切り替わってきました。

鍛造法は大量生産できますが、型に金属を流し込む際気泡が入ってしまう事があり、これにより指輪の強度が低下するという場合もあります。

指にはめる分には問題ありませんが、質で比較すると鍛造法の方がいいかもしれません。