結婚指輪にプラチナが多く選ばれる理由

結婚指輪の素材にはいくつか種類がありまうすが、大きく分けてプラチナか金が一般的です。

シルバー製のリングを結婚指輪にする人もいますが、シルバーは変色しやすいのであまり好まれません。

ゴールドにも実は種類があり、ホワイトゴールドとピンクゴールドがあります。

普通のゴールドはイエローゴールドとも呼ばれていますが、イエローゴールド以外は実は混ぜ物をしているので品質を重視する人には敬遠されがちです。

プラチナは金属の中でも強度が高く、長い時間身につけていても変色や色褪せしないという特徴があります。

色褪せたりメッキが剥がれてしまったりするのは、あまり気分のいい事ではありません。

結婚は永遠の愛を誓う事を意味しますので、長い間色褪せないプラチナは結婚指輪の素材にピッタリだと言えます。

こういう理由からプラチナを選ぶ人が多いようですね。

好みもあると思いますが、ダイヤモンドは透明でキラキラと輝く石です。

透明は白を連想させますし、結婚式には白無垢や純白のウェディングドレスを着るので、結婚指輪は白に近いプラチナを選ぶというのもなんとなくわかる気がします。

普段からプラチナのアクセサリーを身につけている人は、結婚指輪もプラチナで統一したほうが他とも合わせやすいと思います。

金を好む人もいますが、どちらか決められない場合は、両方使ったコンビリングも素敵だと思います。

全体的にプラチナ人気の傾向はありますが、ゴールドも合わせやすいのでオススメです。